プラセンタとは

プラセンタとは

プラセンタとは、お母さんのおなかの中で赤ちゃんを守り、育てる役割をもった
「胎盤」のことです。

 

プラセンタとは、お母さんのおなかの中で赤ちゃんを守り、育てる役割をもった「胎盤」のことです。プラセンタから抽出したエキスは、肝機能障害、更年期障害などの治療薬や滋養強壮を目的とした医薬品として用いられてきました。プラセンタの詳しい成分や働きについては、近年の医学の発達によって、明らかになり、疲労回復や抗アレルギー作用、美肌作用、抗老化作用など、幅広い分野に効能があることがわかってきました。また、医療の世界だけでなく、健康食品や化粧品としてもプラセンタが積極的に使われています。

お母さんから赤ちゃんへ酸素や必要な栄養素の供給を仲立ちするのはもちろん、まだ発達途中の赤ちゃんの内臓に代わって消化や排泄をしたり、ホルモン分泌をおこなったり、病気にかかりにくくするための免疫を与えるなど、赤ちゃんがおなかの中で健やかに成長するために、プラセンタは実に様々な役割を担っています。

一方、プラセンタは細胞の増殖・再生をコントロールする物質「細胞増殖因子(サイトカイン)」を合成・分泌する臓器でもあります。細胞増殖因子がなければ、細胞は新たに作られることはありません。わずか10か月ほどの妊娠期間に、たった1つの細胞から40兆個の細胞をもつ赤ちゃんが育つのは、ほかでもないプラセンタが作り出す細胞増殖因子のおかげなのです。もともとは赤ちゃんと同じ1つの受精卵から分かれてできたものでありながら、すべての細胞を作り出すための遺伝情報をもったプラセンタは、まさに母なる臓器と言えるでしょう。

プラセンタが医療現場で幅広く用いられる最大の理由は「自然治癒力や免疫力」の強化にあります。人体は軽い傷を負ったり、風邪を引いたり、疲労困憊して精神的に落ち込んでも、時間が経つと回復します。このとき私たちの体内で働いている力が「自然治癒力や免疫力」です。ところが、この力が衰えてくると回復が遅れ、病気や体調不良が長引きます。プラセンタはその「自然治癒力や免疫力」を強力に後押しし、自分の力で病気や体の不調を慢性化させないように働いてくれる「自然薬」として注目を集めています。

 

【プラセンタ(胎盤)に含まれる豊富な栄養】
◇アミノ酸…いろいろな生理機能を持つ
◇ミネラル…血液・体液の調整など、さまざまな働きをする
◇糖質…エネルギー源になり、細胞構造を維持する
◇タンパク質…人の体をつくる栄養素
◇ビタミン…生理機能を調整し、代謝をスムーズにする
◇酵素…生体内の化学反応を助ける
◇活性ペプチド…医薬品的な効果を発揮するプラセンタの中心成分
◇核酸…遺伝子の修復、新陳代謝の調節
◇脂質・脂肪酸…細胞を作る重要な材料の一つ
◇ムコ多糖体…細胞間をつなぐ成分で炎症を抑える

【細胞増殖因子(サイトカイン)】
◆HGF(肝細胞増殖因子)…肝実質細胞をはじめ、諸機能の細胞の増殖
◆NGF(神経細胞増殖因子)…神経細胞(知覚・交感神経節細胞)の増殖
◆EGF(上皮細胞増殖因子)…皮膚、肺、角膜、気管上皮細胞の増殖
◆FGF(線維芽細胞増殖因子)…ヒト線維芽細胞、グリア細胞、血管内皮細胞の増殖
◆IGF(インシュリン様細胞増殖因子)…軟骨細胞、平滑筋細胞の増殖
◆TGF(形質転換増殖因子)…非形質転換細胞を可逆的に形質転換細胞に転換
◆IL1~4(インターロイキン)…免疫担当細胞(T.B.NK細胞)の増殖